submenu

TOP|バス MENU

バス関連

全国に駅が約一万弱。それだけでも変わった名前だの、難しい名前だのが多いんだから、バス停なんか、いったいどうなっちゃうわけ!?

しかし、統一のとれたバス停名リストなんてものは存在しないので、地道に地図や路線図から探して行くわけです。

ときどき週刊誌などで珍名バス停の特集が組まれたりしますね。鉄道より地域に密着しているせいか、とんでもない珍名バス停があったりして、私はそれを楽しみにしています。そして出来ればそこに実際に行って、写真の一枚も撮りたいなあと思い続けているのです。今でも「ここに行きたい!メモ」があるんだけどね(あ、あと、WEBでも調べたりしています。珍名バス停に関するページを主宰しているみなさま。お世話になっております)。

でもね。

バス路線というのは、鉄道以上に改廃が激しくて、毎日どこかで変化が起きていると思って間違いありません。例えば、宮城県に、ひらがな一文字「あ」という、驚くべきバス停があったそうなのだけれど、現在は無くなってしまったんだって。惜しい。余りに惜しい(でも、これはちょっとホントかなと疑っています)。

私は、秋田県にある「昼寝」というバス停を探し求めて実際に現地におもむき、そこで廃止になったことを知りました。このときのショックたるや……。

駅名の項で書きましたが、山梨県の塩山市には「西広門田」という地名があります。漢字よりも読みの方が短い、奇妙な地名です。
私は18歳まで山梨県の甲府で過ごしていました。16歳で原付の免許を取得してから、あちらこちらをめぐって歩いたのですが、そのときは、まだ確かに「西広門田橋」というバス停がありました。撮影しそびれてた、と思い込んでたのですが、先日写真を整理していたときに、出てきました。なんと! 難読のページに掲載しましたので、御覧くださいませ。しかし、ここももう現在は存在しません。バス路線そのものはあるのですけれどね。

copyright by office SAMPOYA